八橋小学校で干支人形の絵付け体験

1/27/2018

 

 1月23日(火)から3日間、八橋小学校の4年生84人の全児童を対象に初の絵付け体験を実施しました。小学校では「児童たちに地元の郷土人形である八橋人形への理解を深めてほしい」と、当会に依頼していただいたものです。

 絵付けした人形は、児童たちの生まれた年の干支ということで、亥(いのしし)と子(ねずみ)を準備しました。場所は小学校の工作室。初めに簡単に八橋人形の歴史や制作工程などについて説明した後、早速、絵付けを行いました。八橋人形の亥と子の写真を参考にしましたが、あくまでも色や図柄を自由に描くことを提案。ピンクの亥や銀や青の子。星や花などを書き加えるなど、1時間半ほどかけて素敵な作品が完成しました。まさに、世界でたった一つの作品です。

 地元の児童たちが地元の人形と触れ合う。私たち会員にとっても楽しい3日間でした。

 

 

夢中で絵付けをする児童たち

 

 

 

思うように出来たかな?楽しそうに絵付けが進みます

 

 

「完成したよ!世界に一つの私の、僕の作品だよ」

 

 

Please reload

注目記事

年末年始休業と年始のイベント情報

December 25, 2018

1/5
Please reload

記事一覧
Please reload

アーカイブ